杉山産婦人科の体外受精で妊娠中の35歳ブログ

34歳から杉山産婦人科にて体外受精開始。2度の化学流産を経て35歳の現在、妊娠中。無事出産出来ますように!

単頸双角子宮(子宮奇形)

今日は診察日でした。
雨のせいと、踏切待ちのせいで
ものすごく時間がかかりました。
京王線に苦情を言おうかと
思うぐらい開かずの踏切でした。
20分も開かないなんて、
信じられない!!(怒)

時間ギリギリに着き、
まずは採血して待ちます。
そして、内診、診察。

今日は、聞かなきゃ!と
思っていたことをしっかり
聞いてきました。

まずは、hcgが186ということで
まだ0ではないものの
下がり続けているということ。
私がリセットして、生理が
開始したと思っていたのは、
まだ子宮に組織(赤ちゃんのもと?)が
残っており、それを出そうとするための
出血なんだそうな。
だから、生理ではないよ!と
言われました。
きちんと生理が来るのは
来月か再来月なんだってー。

今はまだ流産中であって、
乳首が痛かったり、高温期の体温
なのは仕方ないそうですよー。

まだ赤ちゃんのもとが
いるんだ、、、と思うと
何だか悲しい。
強い卵にしてあげられなくて
ごめんね。

そして、子宮奇形の正式名称も
聞きました。
想像通り、
単頸双角子宮でした。

かなりくびれが強いので、
手術の適応ではないとのこと。

f:id:chocolatepancake:20150917124804p:image

↑これです。

色々わかり、少し安心。
早産、流産の危険性は通常より
高いけれどちゃんと出産をする方も
多くいるみたいなので、そう認識しようと思います。
ただ、子宮内腔が狭く、帝王切開になることが多いようです。

今は、身体が元通りになるのを待ち
また移植が成功するのを祈るしかない。
あと、ダイエット!