杉山産婦人科の体外受精で妊娠中の35歳ブログ

34歳から杉山産婦人科にて体外受精開始。2度の化学流産を経て35歳の現在、妊娠中。無事出産出来ますように!

37w3d:出産

だいぶ時間が空いてしまいましたが、

やっと少し余裕が出て来たので

ブログが書けます。

思い出せる範囲で備忘録のため

書きたいと思います。

 

37w3dの日、予定帝王切開術で

出産しました。

予定日より3週近く早いのに

3054g、51cmと、大きめで

元気な男の子が誕生しました!

 

 

当日は、夜中から禁食で

OS-1のみ飲んでいる状態で、

お腹空いたな〜とか呑気に

考えていました。

私は朝の2番めの手術だったので

前の方が終わり次第、ということで

しばらく待っていました。

順番が来て、看護師さんと

助手の医師が私をベッドごと

手術室へ運んでくれました。

 

緊張していますか?の問いに

まだ全然していません、、としか

答えられず。

何か実感があまり湧かないのと、

我が子を見たくてワクワクしている

感じでした。

手術室へ入っても特に緊張はせず、

キョロキョロしていました。

 

点滴の針をちくっと刺され、

手術台に移り横向けにされて

脊椎への麻酔を打たれました。

注射針自体は全然痛みもなく、

歯科治療時の麻酔のような感じ。

間もなく麻酔が効いてきます。

これが何とも言えず、気持ち悪い。

耳は聞こえ、意識はあるのに

首から下が痺れて鳥肌が立つような

感覚。

これ、気持ち悪いな〜と思いながら、

深呼吸をすると少し楽になりました。

 

主治医の先生も来て、いよいよ

執刀!

はい、切りますね、とか

はい、押しますね、とかが

聞こえていました。

お腹を切る感覚はよくわからないけど

押される感覚はすごくよく伝わるな

と思っている内、

はい、出ましたよ〜と聞こえます。

タイマーを見ると

手術始まってから7分とか!

赤ちゃんが見えたんだけど、

何か青い?と心配していると

ほぎゃ、ほぎゃと可愛い声が聞こえ

その瞬間ぶわーっと涙が出ました。

 

しばらくして、赤ちゃんを

私の胸の上に置いてくれました。

もぞもぞ、と動く赤ちゃんの顔を

見てまた涙。

この子が私の子なんだ、、

どっち似なのかわからないな〜でも

可愛い。と、感じました。

 

3054g、51cmの男の子ですね、

と言われ驚きました。

思ったより大きい!

これ予定日だったらすごく

大きな子になってたんじゃない?

と思い、、

 

 

病室に戻って、しばらくすると

赤ちゃんと面会した旦那さんと母が

来ました。

どうやら赤ちゃんは、

首にへその緒が巻きついていた

ようです。ますます

帝王切開で良かったな〜と

思いました。それでも

元気に生まれて来てくれたので

本当に全てに感謝したい気持ちで

いっぱいです。

 

少しして、胎盤とへその緒を

見せてもらえるということで

見せてもらいました。

胎盤650gの、へその緒75cmとどちらも

大きめ長めでした。

胎盤は特にすごく大きくて、

これは低置胎盤になるよね、

広いもん、と思いました。

胎盤が立派だと大きめ赤ちゃんに

なるみたいです。

予定日には、3700g〜3800gぐらいに

なってたんじゃないかと

言われました。

 

 

お部屋に赤ちゃんを連れてきて

もらい、ご対面。

添い乳をしてみましょう、と

看護師さんが

おっぱいに赤ちゃんをくっつけて

くれました。

またウルウル、、

私達の元に来てくれてありがとう!

 

広告を非表示にする