杉山産婦人科の体外受精で妊娠中の35歳ブログ

34歳から杉山産婦人科にて体外受精開始。2度の化学流産を経て35歳の現在、妊娠中。無事出産出来ますように!

14w2d:新型出生前検査(NIPT)

昨日は妊婦健診と新型出生前検査の

結果を聞く日でした。

染色体異常の検査については

賛否両論あると思いますが、

私は受ける選択をしました。

 

 

実は、2週間前に新型出生前検査の

カウンセリングを受け、

血液採取していたのです。

この検査は限られた施設でしか

行われていませんが

私の通う病院では行っており、

血液採取のみなので受けました。

クアトロ検査など他の検査では

精度が新型より低いこと、

羊水検査は流産のリスクがあること

を考え新型を選択しました。 

ただ金額は、23万円程かかります。

 

 

検査を受けた理由は、2回の

化学流産から染色体の異常が

出やすい可能性があること、

また、35歳という年齢からです。

 

 

この検査で陽性と判定された場合、

羊水検査の確定診断を受ける

必要があります。

陰性だった場合の的中率は

99.9%だそうです。

 

 

ただこの検査は染色体異常としての

大多数を占める13,18,21トリソミーの

検査のみとなります。

他の染色体異常を見つけたければ

やはり羊水検査を受けねば

ならないということです。

また仮に、染色体異常がなくても

その他の先天性異常などの

病気は検出されないのです。

パーフェクトな出生前検査は

存在しないということですね。

 

 

上記の点を考慮した上で

新型出生前検査を受けました。

この2週間は、色んなことを考え

緊張していました。

 

 

結果は陰性。

この検査でわかる染色体異常は

なかったということです。

 

 

妊婦健診のエコーで見る我が子。

いっぱい動き回って

とても可愛かったです。

昨日はまだ性別は分からず、

後1ヶ月位かな?

楽しみです。