杉山産婦人科の体外受精で妊娠中の35歳ブログ

34歳から杉山産婦人科にて体外受精開始。2度の化学流産を経て35歳の現在、妊娠中。無事出産出来ますように!

化学流産2回目、不育症検査受けたほうが良いか?

今日は診察日でした。
今日は中川先生がいない日だったので
他の先生になりました。残念!
出血してしまったことや、
自己検査をして少しずつ線が
薄くなって最後は消えたこと、
体温も低下していることを伝えました。

先「今周期移植しますか?」
私「お休みして、不育症の検査を
したいと思いますがどうでしょうか?」
先「まだ化学流産2回目だから受けなくても良いとは思うし、〜さんの場合子宮奇形の問題もあるので普通より流産しやすいというのはありますよ。」
私「そうですか。でも、治療お休みする期間に不育症の検査を受けたいです。」
先「もし今日Hcgが0になっていたら血液検査は出来ますよ。」
私「じゃあ、Hcgを調べて下さい。後、子宮鏡検査を受けた時、小さいポリープがあったみたいですがそれは取らなくてもいいんですか?」
先「小さいポリープは生理と共に剥がれたりするので大きくなければ問題ないです。」

ということで、採血して
Hcgを測ってもらいました。
結果、Hcg0.6でした。
ものすごくわずかに出ていたので
今日は不育症検査は出来ず、
来週採血してもらうことになりました。
凝固系異常や自己免疫疾患の有無を
調べるようです。
費用は65000円。
でもここで問題があれば
服薬や注射で改善出来るかも
知れないので、そこはしっかりと
わかっておきたいです。

来年の移植に向けて
何か原因がわかれば良いな。
原因が無いなら無いで、
また移植や採卵を頑張る!

大手を振ってカフェイン摂っています。
やっぱりカフェラテが大好き〜。