読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杉山産婦人科の体外受精で妊娠中の35歳ブログ

34歳から杉山産婦人科にて体外受精開始。2度の化学流産を経て35歳の現在、妊娠中。無事出産出来ますように!

体外受精1周期目⑤胚移植

体外受精
体外受精1周期目は、4月末でした。
今、思い出しながら書いています。

卵を採った次の日、まだ痛みは
あったけれど
少し和らいでは来ていました。

お昼、ドキドキの受精確認電話を
しました!!

「6個中4個が受精しましたので、予定通り2日後に移植でよろしいですか?」

はい、よろしいです。
でも、、4個かあ。
理想は6個受精してくれることだったけど、さすがにそう上手くはいかないかあ!

さて、2日後新鮮胚移植日です。

胚移植の日は尿を我慢して
来るようにとのお達しです。
尿を我慢すると、子宮が
見えやすいんだとか。

今回出来た受精卵は
グレード2    8分割1個
グレード2    7分割1個
グレード3    8分割2個
だったようです。
まずは一番綺麗な卵を
入れることになりました。

処置室にて、内診台に乗ると
またぐりぐりと
子宮を探します。
これ、すごく苦手ですが
最初よりは慣れて来たかな!
内膜は10.8mm。
普通かな?
もっとフカフカであってほしいけど
仕方ない。

〜さん卵、入ります!!
と言われて子宮に卵が置かれました。
エコーにぷつっと小さな影が
見えました。
アレだね!
卵よ、そこに居ついてくれよ〜
後生だよ〜

ホルモン補充の注射を
打たれ、ルトラール2週間分が
渡されました。

残りの卵3個は凍結させることに
なりました。
E2の卵をひとつのストローに、
E3の卵ふたつをひとつのストローに
入れることになり、
6万4800円かりました、、、。


判定は14日後、尿判定です、と
告げられ本日はこれで終了。

長いようで早い2週間、
ドキドキ過ごします!!!